3人に1人がガンで!?

日本国民に3人に1人がガンで亡くなっているとご存知ですか?

2016年のガンになっている方の予想が百万人を超えると予想されているそうです。

そして、日本国民の3人に1人がガンで亡くなるというデータがあります。

かなり多い数字です。それでも、世界から見るとまだ日本は、低い方なんです。

 

デンマークがガンにかかる人数が世界一位。欧米が二位。アジアでは韓国が八位。

日本は多いと言っても48位なんだそうです。

それでも、国民の3人に1人がガンで亡くなっているですから、多いように感じます。

ところで、アフリカ人とはガンになる人が少ないそうです。これにはビックリです。

 

しかし、最近ではガンとは未知の病気ではなく生活習慣病と言われています。

テレビでも割と有名で、様々と医療系の本を一般の方にも分かりやすく沢山と本を書かれている石原結實(いしはらゆうみ)医師は、ガンは血液と関係のある病気だと言われています。

 

その証拠に心臓や小腸のように血液が沢山行き交う所にはガンになりにくのだと書かれていました。血液が汚れると出てくる病気だというのです。

確かに心臓ガンって聞いた事がありません。

よく聞く話ですが、ガンは毎日誰でも出来ていて、身体のキラー細胞が毎日殺してくれているので大丈夫だという事です。

 

つまり、身体の免疫力が高ければガンを倒してくれているので、我々はガンにはならないという事です。反対に免疫力が下がったままになる事でガンを倒してくるはずが倒す事ができなくてガンが大きくなってガンになる訳です。

それでは、なぜ、免疫力が下がるのでしょうか?

それが生活習慣に関係してくる訳です。

 

だって日本人でも昔の人はガンで死ぬ人って少ない訳です。一年で百万人ですから多いですよね?それは、現代人はお米や野菜には農薬、食品だって添加物が多いし、ある調査では現代人は一日80種類もの添加物を摂取しているというデータがあるぐらいなんですし、空気だって昔に比べて綺麗ではないですよね?水だって日本の水は飲めるから大丈夫と言っても細菌が入らないようにトリハロメタンなど入っている訳です。

 

内臓に負担になる生活が多いわけです。それにストレス社会ですし、ゆったりとした心で生活しにくい現代人なんですね。

そんなこんなで免疫が下がって内臓が疲れて血液を浄化する役割の肝臓や腎臓に負担になっている訳です。それで血液が汚れになって毎日倒してくれるガンを倒しにくくなってガンが大きくなってしまって、ガンになる訳です。

 

それでは、どうしたら血液を綺麗にできるのでしょうか?

それは、毎日の生活で身体の悪いものを出す解毒がしっかりとできる生活をしないといけなくなる訳です。

 

なぜ、アフリカの人はガンになりにくいのか?それは、身体に悪いものを溜め込む事が少ないと考えられます。食品添加物が少ないとも言えるでしょう。それによく歩いているし、自然と健康な生活をしているのだと思います。

アフリカ人が短命なのは、飢餓や疫病で亡くなる方が多いからで、生活習慣病で亡くなる方が少ないのです。

 

今日は日本国民の3人に1人で亡くなるガンですが、だからと言って怖がる必要はありません。

保険会社がそろってガン保険を商品化して、ガンに備える話をしていますが、ガンにならない生活習慣になれば良いだけだという事を言いたいと思います。

 

そうあなたの健康はあなた自身で守っていけるんです。

そして、それが家族の健康や周りの方の健康に繋がれば良いと思います。

あなたなら出来る応援しています。

 

そらまめ整骨院

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。