恐ろしいトンラス脂肪酸

知っていますか?トランス脂肪酸の恐ろしさを

トランス脂肪酸というと何となく聞いた事がある方も多いのではないでしょうか。

トランスとは変換という意味であり変換された油の事を言います。

 

身近の物でいえば「マーガリン」「ショートニング」です。簡単にお話しますとサラダ油のようなサラサラした液体が固まって固体になったものが「マーガリン」ですが、なぜマーガリンは液体から固体になったのでしょうか。

サラダ油に水素を無理やり入れて固体化したものがマーガリンです。

つまり、自然界にはない人間が人工的に作ったものだという事です。

 

このマーガリンですが最近、テレビのCMで観る機会が減っているのをご存知だと思います。

アメリカのニューヨーク州ではマーガリンを規制しているそうです。

日本でもその動きがあったそうですが、あやふやになって今に至っています。

 

このマーガリンですがニューヨークで規制にするほど、身体には害があり成人病であるガンからうつ病、認知症、アレルギー、アトピーなどあらゆる病気を引き起こしているというデータがあるのです。このマーガリンやショートニングですが、原価が非常に安いのです。

もし日本で規制をすると恐らくはお菓子会社などが今の状態で営業が出来ないでしょう。

 

しかし、国民の健康を守るなら規制もするべきだというお医者さんもいるぐらいですが簡単ではありません。ですからこれからは我々一人一人が正しい知識を持って自分の健康は自分で守るという心構えが必要な時代に突入していると言う事です。

身体の神経伝達をするのに油がしていると言われているのですが、このトランス脂肪酸を取り過ぎると神経伝達機能が固くなり上手く出来なくなり、しいては自律神経失調症やうつ病にもなっていくと言われています。

 

是非、小さいお子さんがおられる親御さんなどは食品を購入される時に裏のラベルを見るのを習慣にするぐらいが良いと思いますねえ。

 

自分自身が健康になって、家族の健康を守っていけばきっとあなたから日本が元気になりますよ。応援しています。

 

そらまめ整骨院

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。