免疫の80%が腸内環境!?

知っていますか?免疫の80%が腸内環境だと言う事を

今回のお話は人の免疫力の80%が腸内環境に依存しているというお話です。

よく腰が痛くなる方は手足が冷たく、足の指が特に冷たい方が多いですが、身体としては内臓を冷やさないように必死に血液を送っている訳なんです。

 

しかし、全体の血液の循環が悪いと結局は内臓に血液を送っても元気になりません。

ますます身体は冷えてきて腸内も冷えて本来持っている機能を発揮できず免疫力も低下するわけです。腸の中には善玉菌と悪玉菌が共存している訳ですが、血液循環を良くして身体を温めて善玉菌を増やして上げる事が、免疫力向上に繋がる訳です。

そして大便や小便とは読んで字のごとく身体からのお便りなんですね。便秘の方は要注意。

 

大便は毎日出るのが健康な状態です。2日に一回も便秘です。

便秘は万病の元と言ってもいいぐらい軽くみてはいけません。

うんこがもし部屋に落ちていたら臭くて嫌だと思います。お腹だって同じです。

 

腐敗して臭くなります。健康な方はうんこは臭くないんです。臭いうんこが出てる方や便秘の方は便が腐敗している証拠。食生活や生活習慣を見直す必要があります。便が長く腸内に留まっているという方は、腸内の便の毒素が腸から血液に逆流します。

 

つまり免疫力が低下し、内臓が疲れてきてそれを守ろうと筋肉は硬くなり肩こりなど、慢性のコリにも繋がっていく訳なんですねえ。

 

お腹を温めて健康な毎日を過ごしましょう!

あなたの健康を応援してます。

 

そらまめ整骨院

PS、

以下にお腹を温めて胃腸を元気にするレシピを載せました。

お腹を温めて元気になるレシピ
材料:梅干一個、番茶、純正醤油小さじ1.5~2、しょうがの搾り汁2~3滴
1、湯のみ茶碗に梅干しを入れ、箸を両手で持ってまんべんなくつぶす。
2、1にしょうがの絞り汁を落とし、純正醤油を加える。
3、2を箸でよく練り、湯沸したての番茶を注ぐ。
※梅干は昔から胃薬と言われています。

 

 

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。