肩こり2

肩こりと一言で言っても色々あるのをご存知ですか?

国民の三人に一人と言われている肩こりですが、

姿勢の悪さからくる肩凝りと内臓の疲れからくる肩凝りがあるんです。

パソコンなどで猫背の姿勢を長くしていると肩が凝って肩こりとなる事は皆さんが

だいたい想像されると思います。

 

ただの姿勢の悪さから来るのなら普通の姿勢を正す整体を受けたら改善すると思います。もちろんそらまめでも十分対応しております。お任せください。

 

でも内臓から来ている肩こりだと姿勢を正す整体だけだと治りにくいし、マッサージなんて受けていたらどんどん身体は悪くなると言わざる得ません。

内臓の疲れからくる肩凝りというのは、想像しにくいと思いますが、お腹が痛くなったり疲れるとどういう姿勢をしますか?

お腹が痛くなったりすると、猫背になりませんか?

 

人間の身体は、内臓が弱ると守ろうとして身体の骨格を歪ませても内臓を守ろうとする性質があるのです。だから、現代人は内臓が疲れて骨格が歪んでしまう要因が沢山あります、簡単に言いますと「水や空気に食物」は昔に比べるとどうでしょうか?

身体に負担がかかっているのです。

 

食事で言えば、添加物などもそうですが、身体には害でしかありません。

だから、肝臓や腎臓に負担がかかるんですねえ。

肝臓が疲れると肝臓の位置がずれて本来の力から少し弱るんです。

そうすると、それ以上肝臓がずれないように周りの筋肉は硬くなって骨格が歪んで、肩凝りや腰痛になってくるんですね?

 

もう身体に無理をするな。休めというサインなんです。でも、薬を飲んだりして痛みを止めて、また生活するからもっと内臓は疲れるんです。そして、姿勢はもっと悪くなるし、身体にとって悪循環なんですね。

話を戻します。

 

内臓からくる肩こりは、マッサージや骨格系の治療では、限界があること。

そして、現代人は内臓の疲れが一昔の人より多い。

結論的に姿勢を正しくする整体などの治療では限界になっているので、内蔵を元気にする治療が必要だと言うことなんです。

 

そらまめ整骨院では、この「内臓を元気に!」をスローガンに掲げて治療しております。是非、あなたも内臓から、根本的に元気になりませんか?

応援してます。お待ちしております。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。