首のヘルニア

プロゴルファーの首のヘルニア

これは実際にそらまめ整骨院に通って下さっている方のお話です。

伊丹市にお住まいの現在はシニアのプロゴルファーで稲田さんという方です。昔は、尾崎プロや青木プロともやりあった事もあったとお話下さいました。

 

もう随分と昔から首のヘルニア持ちで、色々な整形外科や整体院などにも通った事があるそうですが、なかなか完治には至らず、あまりにも痛い時はペインクリニックで首に痛み止めのブロック注射を打ってもらおうとしたら、医師から「首は危ないから、やめた方がいい」と痛み止めの注射をやってもらう事が出来ず、痛いままゴルフの試合をしている事もある様子でした。

それで、実はこの稲田さん7年前に私が、出張で足つぼをしていた時に何度か治療に行かせて頂いた方なんですが、開業が二年前ですが、チラシを配った時に私の名前を覚えて下さっていて、治療に来て下さった方なんです。

 

その時に稲田さんから「あのまじめな性格はよく覚えていたから、一度受けに来たよ」と言ってくださり、名前を覚えて下さっていたのと、開業した事も喜んで下さって感謝でした。

そんなこんなで、7年前とは私も修行と経験値がありますので、一生懸命治療させて頂きました。

 

一回目で治療した時に稲田さんから「首がスーッと楽になっていくのが分かるわ」と言われて、「しばらく通うわ。」と言われて通われました。はじめは、週二回、少し安定してきたら週一回のペースと治療計画のもとに取り組んでくださり、なんと首のヘルニアの痛みがほぼ完治したとおっしゃいました。

しかも、エイジシュートという自分の年以下のスコアを出す事なんだそうですが、稲田さんの場合70歳なので70以下のスコアだとエイジシュートみたいで二回も出たとの事で大変喜んでおられました。

 

私も嬉しかったです。(嬉)

それでヘルニアも良くなったので一緒に写真を撮ってもらいました。以下になります。

「現役のシニアのプロゴルファー、稲田さんと」

 

どことなく私の父と似ていて元気になられて嬉しいです。いつまでも現役のプロゴルファーで第一線を駆け抜けて欲しいです。

コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。