頭痛って内臓の疲れと関係があるのはご存知ですか?

頭痛ってしんどいですよね?

 

→よくパソコンをしていて頭痛がする

→生理の前後で頭痛がする

→雨の降る前や季節の変わり目で頭痛が続く

 

こんな時に市販の頭痛薬を飲まれる方も多いと多います。

でも、毎回飲むのも嫌だし、何とか薬なしで生活したいとお悩みなら当院にお任せください。

 

慢性的な頭痛はお任せください

突発性の急な頭痛は大きな病気が潜んでいる可能性がありますので、一度病院で診て頂くことをお勧めします。

しかし、病院で診てもらっても異常はない。

痛くない時は普通に生活出来て、パソコンやスマフォをし過ぎると頭痛がしたり、

頭痛の前に肩や首が凝って血液の循環が悪くて頭痛があるような、いわゆる慢性的な頭痛なら当院にお越し下さい。

このように慢性的な頭痛の場合、背骨の歪みが原因の場合が少なくありません。

背骨には、脳脊髄液(のうせきずいえき)という水のようなものが流れています。

脳の脈絡叢(みゃくらくそう)といわれるところから分泌されており、

硬膜と呼ばれる膜を通って背骨から、各内臓に栄養などを運んだりしています。

この脳脊髄液が川の水とすると、背骨は川です。川が詰まっていると川の水の流れが悪くなるように。

背骨が歪むと脳脊髄液の流れも悪くなります。

すると、様々と体には良くないのですが、その一つとして頭痛も起こってくる要因の一つと考えます。

 

背骨を歪ますのは、内臓の疲れ?

背骨が歪む原因は姿勢を悪くしているからと思われますが、それだけならそんなに治療も難しくありません。

現代人は、内臓が疲れる要因が多数あり、内臓が疲れることによって内臓の位置がズレます。

ズレた内臓をそれ以上ズレないように周りの筋肉が固くなります。

それにより、背骨を歪まします。

ゆえに内臓を元気にすることは、背骨の歪みも正していくことになるんです。

そらまめ整骨院では、内臓から元気にする治療を行っています。

内臓を元気にして、頭痛も解決していきましょう!

 

↓スマフォの方はこちらをタップして予約できます