パニック障害で薬をやめて生活して行きたいあなたへ

パニック障害の方は、電車に乗れないと言われる方が多くおられます。

 

それは、パニック障害が不安障害の中の1つだからです。

 

不安障害は一般的な障害の1つで、対人恐怖、広場恐怖など様々な障害や恐怖症が含まれると言われています。

 

特徴的な症状はパニック発作で、

突然激しい不安を感じると言われています。

 

以下のような症状が現れると言われています。

 

「心臓の動悸が激しくなる」

「手や顔に激しい汗をかく」

「呼吸困難」

「漠然とした恐怖感・不安感」

「胸の痛みや吐き気」

「震え」

お薬はすぐにやめないでください!

パニック障害は突然な症状に襲われたりしますので、

すぐにはお薬は止めずにそらまめ整骨院での治療で体力をつけて行き、

 

お薬なしで生活できるようになっていけるようにしていくのが良いと考えます。

すぐに結果が出ない事はあると思いますが、根気図よく治療をしていくのが良いと思います。

 

そらまめでは、そんなあなたの健康を応援します。

ぜひ、一度ご相談ください。