ぎっくり腰って内臓の疲れと関係があると知ってますか?

「あっ!痛っ!」

という感じで、急に痛くなるのがぎっくり腰ですよね?

 

よく急性の症状と思われていますが、同じように思い荷物や朝起きる時、立ち上がる時になる方が多いですが、10人いて皆がなる訳ではありませんよね?

 

実は、腰の筋肉が固くなってしまって、動いた矢先に起こしてしまう訳ですが、腎臓の疲れが原因とはあまり言われない事です。

 

腎臓が疲れる時期とは、春先や秋の寒暖差のある時が多いです。

この時期は、朝夕は寒いのに昼はぽかぽかの陽気で、こういう時期は体力が落ちている方は循環器が負担になり特に腎臓が負担になります。

 

これによって実は腎臓に引っ付いている腰の筋肉の大腰筋が固くなり背骨を引っ張るんです。その時に動いた時に柔軟さをなくした腰回りの筋肉が傷ついてしまう訳なんです。

軽い症状なら少し冷やして、痛くなくなったら温めてやればいいですが、何度もくり返す方は内臓の疲れが原因である事が多いですから、当院の内臓活性化整体にお任せ下さい。

 

内臓の位置戻していく整体で、もうぎっくり腰にならない健康なお体にあなたを導きます。

ぜひ、当院にお電話してご予約ください。